不動産担保ローンは、担保をもって融資を受けるという商品になっているので、審査なども通りやすく借りやすい上に金利も低いなどとメリットがあるのですが、この商品にもデメリットがあるのでしょうか?不動産担保ローンのデメリットというのを考えてみると、実はメリットと背中合わせになっているということがわかります。

不動産担保ローンのメリットには借入期間を長期に設定して余裕ある返済が可能ということがありますが、これを裏返せば、返済期間がその分長くなるというデメリットともいえます。

また不動産担保ローンの場合は他のローンとは異なり、途中で繰り上げ返済をしようとした場合に違約金が発生するケースが多く、返済期間を短縮するということができません。

不動産担保ローンのメリットには低金利というのがありますが、これはあくまでも借入期間が長期であるという元に設定されている金利のために、繰り上げ返済をペナルティ無しでOKということはあまりないのです。

その他、不動産担保ローンの場合、借入時に審査をうけた不動産を担保にして融資を受けるものですが、長期返済の間に何かしらの原因で著しく価値が下がってしまうということもあります。

これを担保割れというのですが、担保割れが生じてあまりにも不動産の価値が下がる様な場合、追加担保を出す、もしくはその分の清算をする必要が応じます。

担保割れの場合に利用できる担保割れを補うためのローン商品もあります。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.