不動産担保ローンは担保にできる不動産さえ所有していれば、比較的手軽に融資を受けることができるとあって、便利な商品なのですが、どんなローンでも融資を受けることには変わりがありませんので、利用する際には十分注意が必要です。

不動産担保ローンの大きな特徴といえば、例え返済が難しくなった場合でも担保である不動産でローンの残額を清算することができるというものですが、この場合当然ではありますが、不動産を手放すことになります。

不動産担保ローンの場合、自分が住んでいる家を担保にするというケースもありますが、その場合住まいが無くなるということになりますので、あくまでも返済の目処がついている場合に利用するようにしましょう。

返済が不可能になったにも関わらずいつまでも清算を行わないでいると、担保の不動産が強制的に競売にかけられて、結果不動産価値が下がってしまうのでこれにも注意が必要です。

そして最近多く見られるのが、不動産担保ローンという商品はその融資の使用目的が自由であることから、複数の無担保ローンをまとめるために利用する人もいます。

返済を一つにまとめて楽にすると考える人がいる様ですが、かえって返済する額が増えるケースもあり、更に返済が難しくなった場合に不動産担保ローンに切り替えなければできた任意整理ができなくなったりなど、借金返済が困難になるケースも少なくありません。

他のローン利用で返済が難しくなった場合については、安易に不動産担保ローンを利用するのではなく、任意整理で借金を減らせないかということを最優先に検討することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.