不動産担保ローンはローン商品の中でも少し特別な商品だといえます。

一般的なローンというのは担保は無く、自分自身の返済能力と返済意思というのが判断されてローンを利用することができるものですが、不動産担保ローンの場合はもちろん返済能力に関しても審査がありますが、いざという時に返済に充てられる融資する額と同レベルの不動産を担保にするので、審査の基準が異なってきます。

無担保ローンは自分自身の返済能力によって利用できるものであり、不動産を失うというリスクはありません。

不動産という資産がなくても借入をすることができ、審査も厳しいとあって、返済が苦しくなる様な借金をすることは不可能になっています。

逆説的にいえば、無担保ローンは担保がないために借入ができる額には限度があるということになります。

返済期間においても長く設定できないので、良く言えば短い期間で借金を完済させることができます。

また無担保ローンの場合、返済不能になった場合は担保がないために、任意整理や自己破産にて借金を整理しなくてはなりません。

任意整理の場合には、ある程度の年数における制限が掛かるのみですが、自己破産の場合には、一生生活するにあたって幾つかの制限が掛けられるというリスクがあります。

担保のある不動産担保ローンと無担保ローンのどちらが良いかということは、借金の額や収入などケースバイケースではありますが、どちらが自分にとってリスクが大きいかということを判断して選択する様にしましょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.